勉強が解らない時は


家庭教師は、いっていの学力と子供たちに勉強を教えることのできる能力が必要な職業です。 大学生に人気のアルバイトですが、人に教えるという事はとても大変な事なのです。 ですが、やはり勉強が苦手である、という大学生も少なくないのも事実です。


では、勉強が苦手な人はこの仕事に就けないのでしょうか?実は、そうではありません。 この仕事で大切な事はなによりも生徒とのコミュニケーションです。生徒に教えながら自分も学ぶ、という点がとても大切になってくるのです。 ですから、生徒たちに教えなければならない問題を自分が解らない場合でも、生徒とのコミュニケーションや手探りで教えているその会話のなかでふとひらめく瞬間があったりするのです。


そこから解らなかった問題が解る場合もあると言えるのです。 ですから、学力が低いから、と諦めてしまう事は早計であるとも言えるのです。 この仕事は確かに人にものを教える、成績をアップさせるなど、需要で責任のいる仕事です。ですが、そんな中から学ぶ事もとても多い仕事なのです。 ですから、ぜひとも自分の学力と天秤にかけて、自分には無理だと決めてしまわずに、子供たちと一緒に成長する事を楽しんでみてください。